占い師 ★ 織崎真弓子🌙 のブログです

東京自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。

ご夫婦の運気は一体化

f:id:orisakimayuko:20201026153453j:plain


こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

最近、不倫や浮気が問題となり、

その後、奥様が一緒に謝罪されています。

渡部健さん(あれ?なんか、懐かしいですね!)や、

水泳の瀬戸大也さんの奥様などなど、大変ですね。

 

でもこれ、

ちょっと意味がわかりません。

 

自分がしたことでもないのに...。

とりあえず、イラつく気持ちをおさえながら

世間体などを考えて、

本音と建て前で謝っているのかなと思われた方も多いと思います。

 

でもこれ、占いの運気的にみると、わからないでもなかったりします。

 

占いでは、夫婦のご縁と運気は一蓮托生なのです。

夫婦のご縁が生じた時点で、お互いの運気は合わさり、

一体化するような側面があるのです。

 

一蓮托生とは

仏教用語で、死後も極楽浄土の同じ蓮の上に生まれること。とあります。

わかりやすく言えば、

結果はどうなろうとも、行動や運命を共にすること。

を意味します。

 

結婚するのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。

 

ご主人が強い運気の下に生まれ、これからもしばらく良い運気を享受できる。

かたや、奥様はちょっと弱めの運気、しばらくは低迷期が続きそう…。

 

このようなケースでも、

夫婦の縁が生じれば、ご主人の運気が奥様の運気を底上げして下支え。

お二人共が上昇傾向になるのです。

 

運気、あげてもらえるんです!

なんかいいですよね!

 

でも、逆だった場合は、

ええー!なんかすごく嫌です。

 

私のブログ記事「とっておきの開運法」にも書きましたが、

一緒にいる方の運気って大切なのです。

なぜなら、連動するからです。

  

損得勘定がもりもりで、昔から大嫌いな言葉があります。

 

「勝ち馬に乗れ!」(やっぱりいやらしい言葉ですー笑)

 

でも、万事、そういうことなのですね…。

 

なぜ、私がこれほどまでにこの言葉が嫌いかというと…

学生時代、友人が、

「勝ち馬に乗らないといけない」という彼女のお母様のご意見で

バッサリと振られたのを、慰めた記憶があります。

酷すぎる!

当時、私は一緒になって憤りました。

それ以来、この言葉が嫌いになりました。

 

しかし、今となって思うのは、

そのお母様のロジックは合っていた。

ということ。

 

しかーし、

その友人はその後大出世をして、勝ち馬どころの騒ぎではないくらい、

立派で素敵な実業家になりました。

 

お母様は、

ロジックは合っていたが、人を見誤った。

ということになるでしょう。

 

しかし、そんな選択もまた人生です。

こんなことを言っては失礼かもしれませんが、

見る目のない方の意見を選択した。

そもそも勝ち馬にご縁が無かった。

ということにすぎません。

 

人生は選択の連続です。

誰の意見を選択するかでも、全く別の人生となっていきます。

 

あの時こうしていれば…。

後悔しても元に戻って選択し直すことはできません。

選択に迷ったら、

少なくとも、誰かの言いなりではなく、自分で納得して、自分で選択することです。

そうでなければ、全てを他人のせいにし続ける人生になってしまいます。

 

それはさておき、

夫婦のご縁は一連托生です。

 

病める時も

健やかなる時も、

貧しき時も、

夫として、妻として

愛し、敬い、慈しむ

 

誓いの言葉通りなんです。

 

だからこそ、

色々と見定めないといけません。

 

なんといっても、

運気も合わさっちゃうのです。

上がったり下がったり、良い時も悪い時も、一連托生なのですから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘で、紫微斗数欽天四化の鑑定および、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)にも

対応しています。

詳細はHPをご覧ください

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

 

orisakimayuko.hatenablog.com