占い師★織崎真弓子のこっそり

東京・自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。レムニスティにちなんで、8のつく日にアップしています!

お盆とパンドラの箱


こんにちは。紫微斗数占い師の織崎真弓子です

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

お盆休み。

夏休みですね。

コロナ禍での3回目?の夏。

とりあえず行動制限はでていません。

 

お盆は溺れるから泳ぐな

 

昔から言われますよね。

 

8月に入り、夏休みの頃にはきまって、

子供が川に流されたとか、

海で溺れたとか。。。

助けようとしたお父様も一緒に水難事故に遭われるといったニュース!

多いですよね。

 

そして、

決まって、

男の子とお父様。

男性が

圧倒的に多いですね。

 

お盆はやっぱり…色々とひっぱられるのだと思います。

 

男性は、一家の家長。

そういう意味もあるのでしょうね。

 

人はみな、

何らかの徳と因縁を必ず背負って生まれてくると言われています。

徳はいいとして、

因縁とは、

避けても避けても、いつかは必ず向き合わないといけないものと言われています。

自分の影みたいなものだと思えばいいと思います。

 

何代も先のご先祖様から伝わるものだから、

避けようもないし、どうしようもない。

影のようにまとわりついて、いつかどこかで必ず対峙しないといけないのでしょうね。

 

因縁といえば、

40代さかのぼれば、自分のご先祖様は1兆人くらいになるらしく、

そうであれば、必ずやご先祖様も重なったり、

何か因縁の発端めいた事も発生したりすることでしょう。

色々な人と色々な感じで。

 

人が一人生まれるということには、

とても多くのご先祖様が、

何人も何代にもわたって関係しないと完成しないことなんですね。

だからとても大切なことです。

 

そんなことだから、

夏の川とか海は、時期的にも、

何だか引っ張られやすいような気がしています。いつも。

 

パンドラの箱が自然と開いてしまうような・・・

 

だったら、

箱の近くには、そもそもその時期には行かなければいいのかなと。

 

昔から、

お盆は溺れるから泳ぐな

 

そういわれているのには、深~い意味もあるのでしょう。

 

気を付けて!

そうです。

気を付けて、

お盆を過ごしましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の対面鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください。

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★