占い師 ★ 織崎真弓子🌙 のブログです

東京自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。

しびとすう(紫微斗数)って何ですか?

f:id:orisakimayuko:20190321151525j:plain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★お試しキャンペーン鑑定中です★

★占い教室を開講中です★

詳細はHPをご覧ください。

https://orisakimayuko.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

紫微斗数【しびとすう】をご存知ですか?

本場台湾では、その的中率の高さから四柱推命と同等、もしくはそれ以上に人々に親しまれている占術です。

四柱推命は、段々と日本でも知られるようになってきた占術ですが、

紫微斗数は、ご存知ない方も多いかもしれません。

 

結婚するのか。それはいつなのか。

お相手はどんな感じの人なのか。

結婚生活はどんな感じになるのか。 

再婚はするのか。

財運はあるのか。

どんな職業に向いているのか。

起業・副業を始めたいけど大丈夫なのか。

健康はどうなのか。

 

そして...。

 

 

 

 

取り組まなければいけない前世から背負ってきた課題は何なのか、などなど。

驚くほど多くのことがわかります。

 

簡単にいえば、

自分の人生って何なのか。

自分って何?

ということが、はっきりわかると言っても良いと思います。

 

また、人生に生きづらさを感じている方は、

ご自分が持って生まれてきた人生の課題を知ると良いと思います。

本来の自分を知ることで、何を選択していけば良いかがわかるようになるからです。

 

言ってみれば、人生は選択の連続です。

数ある選択肢の中から、最善の選択をするということは、

それだけで既に、幸せの始まりを手に入れたのと同じとも言えるのです。

 

*** 

紫微(しび)とは、北極星の象徴および別名です。

個人の運命(数)をはかる(斗)るという意味から紫微斗数と呼ばれています。

 

その歴史は、

唐から宋の時代にかけて有名な仙人であった陳希夷(ちんきい)が始めたと

伝えられており、明の時代には書物としてまとめられていたようです。

しかし、一般に伝わるのは20世紀中盤以降と言われています。

  

紫微とは、その名前から想像できるように高貴な星、トップを表す王様の星です。

その他にもたくさんの星があり、主に星曜派で見れば、

知的な天機(てんき)

明るい太陽(たいよう)

働き者の武曲(ぶこく)

社交的な天同(てんどう)

白黒はっきりの廉貞(れんてい)

リーダーシップの天梁(てんりょう)

 

など、多彩なキャラクターをもつたくさんの星たちがいます。

  

紫微斗数の命盤に表れる星たちは、どの星が良くてどの星が悪いということはありません。

中には悪者扱いされてしまいがちな星もありますが、星たちの放つ光は、

私たちの人生に光や影となって多大なる影響をもたらし続けているのです。

 

私たちが暮らす東洋には陰陽思想があります。

物事には全て陰と陽の作用があり、表があれば裏がある。

長所もあれば短所もあるというように、見る方向によって物事は異なって表れます。

物事はどちらか一つではなく両面を見る。

陰も陽もどちらもあってはじめて完成するからです。

 

そして、

本場台湾では様々な流派や鑑定方法があります。

同じ紫微斗数といえども、

視点によっては全く別の占術と思えるほどの大きな違いがあります。

 

主な3つの流派を簡単にご紹介しましょう。

まず星曜派ですが、

三合派とも呼ばれており、本場台湾でも圧倒的に人気の高い鑑定方法です。

従来の日本の紫微斗数も、この鑑定方法が、圧倒的多数なのではないかと思われます。

星曜派で使用する星は最大で108個と多く、星の特徴や12宮との関係、

星の輝度(廟・旺・平・弱・陥でその強さを表します)で運勢を判断していく鑑定法です。

 

次に飛星四化派ですが、
使用する星は最大39個で、星そのものの象意にはあまり重きを置きません。 

星と宮の相性を五行から判断して宮の状態やそのエネルギーを重視して運勢を観ていきます。

また、名前にもある通り星を飛ばして(飛星)、様々な事象の吉凶を判断していく鑑定法です。

 

そして、私が鑑定のべースとして最も多く使っている欽天四化派ですが、

来因宮や生年四化というものを重視しています。

その歴史は他に比べるとさほど古くはありませんが、過去世からの課題、

カルマや因縁、およびその大小をも観ることができます。

もはや「佛学」と言っても良いかもしれません。

実際に使用する星は16個と少ないですが、星の性別をはっきりと分けているところが特徴的です。

これにより、様々な事象の発生が誰に起こるのか、結婚、離婚、独立、金運などの可否を判断することができます。

本場台湾でも完璧な形で操れる先生の数は非常に少ないと聞いています。

日本においては、まだ限られた先生しか使いこなせていない鑑定方法と言えるでしょう。

 

***

 

私の鑑定では、人生の設計図のようなご自分だけの命盤を差し上げています。

これは、見ているだけでも大変楽しいもので、

「お守りみたいにお財布に入れて持ち歩いてます」とか、

「額に入れて飾っています」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

  

ご興味ある方は、是非、私の紫微斗数鑑定を体験してみてください。

私は、紫微斗数の中でも的中率の高い部分だけを取り出してみる総合鑑定を行っています。

東京・自由が丘でお待ちしています。

遠方の方には、電話鑑定やスカイプ鑑定も行っています。

 

ご予約は、下記HPから承ります。

https://orisakimayuko.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。