占い師★織崎真弓子のこっそり

東京・自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。レムニスティにちなんで、8のつく日にアップしています!

一陽来復★人生を生き抜くヒントとは

f:id:orisakimayuko:20181220084514j:plain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★お試しキャンペーン鑑定を始めました★

詳細はHPからどうぞ。

https://orisakimayuko.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

 

今日は12月22日。二十四節気で言うところの冬至です。

かぼちゃを食べたり、ゆず湯につかる風習もありますね。

 

冬至の日は一年で最も昼間の時間が短い日となりますが、占いの世界でも大切な一日なのです。

 

易では特に、

冬至の日に来年一年の運勢を占うからです。

 

 

冬の寒さも真っ盛りともいえる冬至ですが、占いの世界ではすでに春の始まりを意味

しています。

 

東洋には、陰陽五行の考え方があります。表と裏、長所と短所などなど。。。

両方あって初めて物事は完成し、どちらかひとつでは物事は完成しません。

始まりであり、終わりである。

という意味もあり、物事は常に循環していると考えられているのです。

  

陰極まれば陽となる。陽極まれば陰となる。

 

物事は陰(悪い)を極めれば、陽(良い)に転じていきます。

 

一陽来復

 

聞いたことがあるかもしれませんが、これもまた冬至をあらわす言葉です。

 

寒い冬が終わり、新しく春が(新年)来るという意味で、

悪い事が続いた後に、ようやく物事が良い方向へ向かうという意味なのです。

 

 

冬至は、始まりであり終わりの日。

  

今年一年、皆様それぞれに良い事も悪いこともあったかと思います。

 

陰は極まれば陽に転じていくように、

最悪で限界だと思った時点であきらめてしまえば、陽に転ずる前に終わってしまいます。

ご自身で限界だと思う、その後のもうひと踏ん張りこそが、陽に転じ幸せをつかみ取る第一歩なのではないでしょうか。

 

仮に、深い湖に落ちていったと仮定してみて下さい。

どんどん沈んで、どんどん苦しくなっていきます。

そしてついに湖の底に達したら、

最後の力を振り絞り、底を蹴って上へ上へと上がっていくのです。

諦めたらそこで終わり。明るい光に包まれる事はもうないかもしれません。

 

陽に転じる前に諦めてはいけません。

私のブログ記事「信じる気持ち」にも書きましたが、自分を信じる気持ちを忘れないでください。

 

 

年末の慌ただしさの中で、季節は移り変わり新しい始まりは確実に動き始めています。

 

貴方の新年は、

どんな一年になるのでしょうか?

 

いえいえ、

んな一年にしていきましょうか?

 

ご自身の選択や言動などで、人生はいかようにも変えていけるのです。

 

最後までお読み戴き、ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村