占い師★織崎真弓子のこっそり

東京・自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。レムニスティにちなんで、8のつく日にアップしています!

占いって何ですか?

f:id:orisakimayuko:20190209190954j:plain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お試しキャンペーン鑑定中です★

詳細はHPをご覧ください。

https://orisakimayuko.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

職業を聞かれて、

「占い師です」とお答えすると、

時々、少しだけ固まる方がいらっしゃいます。笑(でも、もう慣れたので大丈夫です)

 

めげずにお話しを続けていくと、

占いは未来を当てられて怖いから、

あまり好きではないんです…と言われることも。

 

好き嫌いはその方の自由ですから、

それについて、とやかく言うつもりはありません。

でもこれ、ちょっと違うかなとも思っているのです。

 

占いという言葉の語源のひとつに、

「事のうら」という意味があると言われています。

表には見えない内面の心(=うら)という意味です。

 

「心」を「うら」に置き替えてみると、わかりやすいかもしれません。

 

うらやむ=心が病む

うらやまし=心がやましい

うらこいし=心が恋しい

うらかなし= 心が悲しい

 

表だけでなく裏を見ること。

それを探るのが占いという事になります。

 

自分のとらわれている事柄や、

考え方の偏りに気づくこと。

そして、自分が思いこんでいるのとは違うかもしれない本当の自分や状況を知ること。

 

占いの最大の利点とは、本当の自分を知る事

なのだと思います。

 

私の鑑定後に感想をお聞きすると、

多くの方が同じような表現をなさいます。

 

今までの人生を振り返って

なぜそうなったのかを確認できて、納得できた。

とても気持ちが楽になった。勇気が出た。

また、前に進めそうです!

 

占いとは、ただ未来を当てるだけではないのです。

本当の自分に気づいて、

また前に進むためのツールなのです。

(少なくとも、私はそうでありたいと願い、頑張っています!)

 

皆さまのご自宅には、

少なくとも一枚は鏡があると思います。

毎日、何らかの形で鏡を使って

ご自分を見たり、確認されていることでしょう。

 

しかし、鏡に映る自分は本当の自分ではないことをご存知ですか?

なぜなら、当たり前ではありますが、鏡は左右が逆に映るからです。

 

鏡に映っている自分は、他人が見る自分とは違うのです。

これは、ご自身が思っている自分と他人が見ている貴方は違うということ。

つまり、自分では本当の自分を見ることはできないのです。

 

もしかしたら、

自分が、一番

自分のことを

わかっていないのかもしれません。

 

本当の自分を知ること。

とても大切なことだと私は思っています。

  

最後までお読みいただき、ありがとうございます。