占い師 ★ 織崎真弓子🌙 のブログです

東京自由が丘で紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)の鑑定と占い教室【織崎塾】を運営しています。占いや知っていると得する開運情報などをこっそりお伝えしています。

こっそり伝えたい開運法


こんにちは。紫微斗数占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

世の中はGWも終わり、3年ぶりの規制なしのお休みでしたね。

 

そんな中、ひそかに織崎が注目しているのは、心療内科の行列なんです。

今、メンタルピンチの方、すごく多いのではないでしょうか。

どのクリニックも人の山。山。山。とても混んでいるようです。

(そりゃ、そうだよね)

コロナに、不況に、戦争、地震。。。

不安やパニックにならない方がすごいよね。

 

今、最も忙しくていらっしゃるのは精神科医の先生方だと確信しているくらいです!!

芸能人の自殺などショッキングなニュースも多いです。

 

そんな中、お薦めしたいことがあり、

ブログを書くのをずっとさぼっていた私ですが、筆をとってみました。

(って風流な表現をしましたが、PCの前に座ってみました、はい!)

 

その昔、ポパイという雑誌があったのをご存知でしょうか?(今もあるのかな?)

年の差がかなり上に離れた兄弟姉妹に囲まれて育った私が、

不在の部屋に入り込んでこっそり読んでいたのが雑誌「ポパイ」でした。

 

そこで、今でもはっきりと覚えているのが

「ジャマイカ野郎」なんです。

 

男性をタイプ別に分けて、考察したり、相性診断のようなコーナーだったと思います。(よくあるやつね)

 

ジャマイカ野郎とは、

真っ黒に日焼けして、

テキーラを片手に、

常に胸のシャツのボタンを4つか5つ開けている、

よっていつもはだけている状態の、

いわゆる遊び人男子のこと。

 

それこそが、

ザ!ジャマイカ野郎!なのでした。

 

「ねえ、お茶しない?」

手当たり次第に声をかけ

断られても

「じゃ、まいっか」ってことで、

はい、次~!と声をかける。

 

打たれ強く、

へこたれず、何に関しても

じゃ、まいっか!笑

 

あまりにもストレートな語呂合わせ的なネーミング。

それもまた1周回って魅了された理由の一つだったのかもしれません。

時を経た今もなお、なぜか覚えているのです。

ジャマイカ野郎を!

 

そして、今!

実に奨めたい!生き方の一つなんです。

 

以下、真面目に書きますので、真面目に読んでね。笑(ってずっと真面目ですけど)

 

人は楽しむために生まれてきたと私は考えています。

それこそが人生の目的と言ってもいいでしょう!

なぜなら、生きるということは、死ぬこととセットで、

誰でもが生まれたら、必ず死ぬ時が訪れるからです。

だからこそ、楽しまないと損だし、続けられないですよね。

 

今世、権力や地位、お金や友人など、素晴らしいものを手に入れたとしても、

死ぬ時は身一つ。

何ひとつとして持っていくことはできません。

 

いってみれば、この世のものは期間限定の全てレンタル品なのです。

今世、手に入れた全てのものは

いつかはお返し(って誰によ?)しなければいけない条件付きの持ち物ということなのです。

 

おまけに、人は何かを所有したとたん、執着と苦しみが始まります。

もっともっと欲しくなるし、(これを私は「もっともっと病」と名付けました)

自分にとって、大切なものになったとたんに、それを失いたくなくなるのです。

 

だったら何も要らないのか?というと、それは違います。

それでは人生は楽しくありません。

執着せず、いつかお返しするレンタル品であること、

いつかは手放すことを意識しながら、

楽しく持つ。

楽しく持とうと努力すればいいのです。

 

せっかくこの世に生まれることができたのですから!

 

生まれて来なければ、何も手にできないし、何も経験できない、笑うことさえもです。

だから生まれたことそのものが、ラッキーなのです。

 

人もセミと同じかもしれません。

セミは、何年も土中で暮らし、地上に生まれて過ごせるのはたったの7日。

それと同じで、

たとえどんな人生であろうと、一度も生まれてくることさえできないよりはラッキーなのです。

前世で悪いことをしていたとしても、それを挽回できる機会をもらえた。

だから再び人間として生まれてくることができたのです。

今世、スムーズでラッキーな人生の方は、前世で善い行いをたくさんしたのでしょう。

そのご褒美なのですね、きっと。

そうでない人生だと思うのなら、

生まれてこれただけでもラッキー!挽回の機会を与えられたということです。

 

だからこそ、どの宗教、占いでも自殺は許されていません。

今世、人間に生まれてこれなかった人や、

未だ死にたくなかった人々に大変申し訳ないことを勝手にしているのですから。

もともと、私たちには勝手に人生を終わらせる権利は与えられていないのです。

 

だから。

ジャマイカ野郎!!

何においても打たれ強く、執着せず、単純に人生を楽しむ。

これこそが、生きる極意だと思うのです。

 

でもね、

誰でもいつかは必ず!死ぬのです。

大変でも、どうにかこうにか最後まで生き抜いてみたらどうかなって思うのですが、

どうだろう?(すでに私は、ジャマイカ野郎になっていますね)

 

完璧主義やストイックで真面目な方は、なかなか難しいことかもしれませんが。

 

ジャマイカ野郎!バンザイ!

 

弱ってきたな、無理してるな、他人と比較してるななど、

ネガティブが気持ちになり始めたら、思い出してください!

 

とても大切な合言葉!

 

ジャマイカ野郎!!!

 

ど~ぞ、忘れないでくださいね。笑

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください。

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

テレビ取材を受けました★織崎はカラフル!!!

こんにちは!紫微斗数占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

TOKYO MXテレビの取材を受けました。

しびとすうきんてんしか(紫微斗数欽天四化)と米粒占いを行いました。

 

お時間ありましたら、ご覧になってみてください。

 

★番組名:「土曜はカラフル!!!」
★放送予定日:4月 23日(土)12時~
★出演者                                                          
【MC】アンミカ  
【アシスタント】内博貴
【カラフルズ】よしあき、ryuchell
 
◆ 放送日時:一都三県 毎週土曜 12: 00~12:55(55 分)生放送
※「エムキャス」アプリにて全国同時配信有り

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください。

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

取材を受けました

こんにちは!

紫微斗数占い師の織崎真弓子です。

 

先日、取材を受けました。

しびとすうきんてんしか(紫微斗数欽天四化)や台湾の占いに関して、

お話しました。

ドキドキ!

 

詳細についてはお約束で、未だ言えないのですが、

ライターとカメラマンの方々に事務所に来て頂いて、

私の占いについて、色々お話しをさせていただきました。

 

それはともかくとして、

とにかく、ものすごく恥ずかしかったのです!

 

他の方はマスクをしている中で、

自分だけマスクを外して話すという状況・・・

しばらくなかったので、とにかく恥ずかしかったです!

 

丸腰(って武士ですかい?)のような、

スースーとなんか忘れたような、寒いような(笑)

少し不安な気持ちにすらなってしまいました。

おかげで、いつもはもっとしゃべくりまくるはずが、

予定時間ぴったりに終了しました。

お仕事的には、正解なのでしょうけど。(笑)

 

コロナが収束したとしても、(って終息ってあるのかな?)

元気よく!潔く!

マスク無しの生活に戻るには、時間がかかるかもしれません。

コロナでないウイルスも次々にやってきそうですしね。

私みたいに習慣になってしまった人々にとっては特に。。。

 

その昔、(コロナ前ですけど)

マスク族っていらっしゃいましたよね?

その方々の気持ちが少しわかったような…わからないような、そんな状態になりました。

 

以下は、2年以上前の私の記事ですが、

マスクは

本当に第二の下着になりましたね。

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

自分で、実感しました。

 

コロナ前は、マスクをしている方を見ると、

風邪かな?花粉症?

それともメンタル弱っているのかな?などなど。

若干「陰の気」を感じたものですが、

今は、マスクをしていない方を見ると、

やや「殺気」に近いものさえ感じてしまいます(笑)

たかだか1,2年で、これほどまでに状況は変化しましたね。

 

マスクと共に生きる。

 

マスクのカラーや柄も増えてきています。

色によってお顔の印象も変わります。

私も最近は、外出時にお洋服に合わせたりして、地味に楽しんでいます。

 

色については、黒はやはり少し怖いというか、なんかドキッとしちゃうんですよね。

他人と距離を置きたい時や

話しかけられたくない時は良いかもしれません。

 

好感度の意味では、白を除けば、男性は爽やかな水色が一番とか?

医師のイメージからでしょうね。

 

色については過去の記事もご覧になってみてくださいね。

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

そのうち、

ハレの日(特別な日)以外はマスクは外さない。とか

大昔に見た「猿の惑星」に出てくる地下で暮らす白い装束の人々?みたいに、

アイコンタクトだけで会話ができるようになったりして。。

そして、

使わないから段々と口が退化して小さくなり、

しまいには無くなって、

口以外のどこからか栄養を補給するようになって、

敵と戦う時だけ墨を吐いたりする。。。

 

結局、

イカ大王」みたいに進化していくんでしょうか。。。

人類の進化、というか退化?は、

今まさにマスクと共に始まりつつあるのかもしれません!

 

ああ。

私は、その頃にはきれいさっぱりいなくなっていたいなと思います。

(ちょっと妄想がさく裂しすぎましたね。)

どうも、すみません!笑

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

f:id:orisakimayuko:20220201133352j:plain

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください。

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

節分と開運

f:id:orisakimayuko:20220203105132j:plain


こんにちは。紫微斗数占い師の織崎真弓子です。

久しぶりの投稿となります!

これからも不定期ながら続けていきたいと思っています。

 

今日は節分ですね。

 

占い的には、節分とは新年の前日となり、

いわゆる大晦日みたいな感じでしょうか。

晦日に大掃除をするように、

新年に向けて、この一年の邪気や悪気、災いを払う意味も節分の豆まきにはあります。

 

私は東京生まれ、東京育ちなのですが、我が家の節分は少し他とは違っていました。

我が家では、子供のころからずっと、

豆をまいたり、食べたりはしませんでした。

そして、父が鬼になって走り回っていた記憶もありません。

 

だまって自分の年齢の数だけ豆を数え、

その豆を和紙にくるんで、暗くなってから、だまって家から最初の右角に捨ててくる。

捨てた後は、決して振り返ってはいけない。

 

などと言われ、実行していました。

振り返ってはいけないという部分が、私的にはかなり恐ろしく、

何かが出てくるかとドキドキして、毎回走って家まで戻っていました。

 

友人に聞いても、同じような豆まきスタイルのご家庭はなく、

うちって、なんか他と違うなと初めて感じたのが節分だったかもしれません。

 

古事記」などによると、

日本には、古くから身についた不浄や罪悪を払うために、身に付けていた衣服を捨てるというならわしがありました。

これが節分と重なって自分の衣服を街路に捨て去り、厄を払うという形に繋がっていったようです。

さらには、このように捨てられた衣服は貧しい人々の助けになることから、

段々と、自分の年齢の数の銭(お金)を包んで路に落とすようになったと言われています。

 

ああ。これでやっとわかりました。

我が家の他家とは違う節分スタイルの謎の由来が。。。

 

豆は食べちゃってもいいけど、どうせなら人の役に立ちたい

 

お金から豆になった両親の時代では、

実際のところ、このスタイルですと

野良猫の餌か、不法投棄的なごみが増えていただけのようにも感じますが、

良く考えると、その角は町内のゴミ捨て場でした。

 

人の役にたちたがる一家?

ご先祖様含め、血筋なんでしょうか。

 

今、私がやっている占い師という仕事もこの思いから、始まっています。

なんか似ているなあというか、

これで間違ってはいないのだなと。

よかったんだなと。

改めて、節分のこの日に確認できたように思います。

 

そして!

究極の開運法とは、他人の役にたつことなのです。

そう私は考えています!!

 

今年もたくさんの方々のお役にたてるよう、がんばってまいります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

 

幸せって何ですか?

f:id:orisakimayuko:20210527212013j:plain


こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越し頂き、ありがとうございます。

めちゃめちゃ久しぶりの投稿となります。

 

対面鑑定も再開しオンラインや電話鑑定も含めると、

日々、たくさんの方々と占いを通して、

普通の会話以上に「深い」お話をしている織崎です。

 

幸せって何だろう?

よく、考えてしまいます。

 

世の中には本当に色々な方がいらして、同じことを体験されても、感じ方は人それぞれ。

良い悪いを論じるつもりはないのですが、

幸せとは、

結局、自分がどう感じるのか

ということに尽きるのではないかと思っています。

 

自分が、

幸せだ。

と感じれば、それこそが幸せなのです。

幸せって、これだってはっきりしているものではないし、何だかとっても感覚的でとらえどころのないものですしね。

そして、人間って、

悪いことはよく覚えていても、良いことが起きたことは忘れちゃう。

良いことは起きて当たり前というか・・・。

そういう方も多いかなと感じています。

だから、なかなか自分は幸せだって感じにくいのかもしれません。

 

もちろん、

いつも、いつも、

ま、これでいいやって感じで、

適当に済ませる。

現状に甘んじる。のとは全然違いますが。

こういう場合、時に向上心の欠如ってことにもなり、

永遠にステップアップできない人生にもつながりかねないってこともあるでしょう。

 

特に、 10代や20代など若い時は、

やはり、これではいけない。

と思います。

 

ただ、例えば30代から40代、

いわゆる中年期になっても、

まだまだ。

もっともっと。

上へ上へ。

と思いをつのらせ続けるのは、ちょっと辛い!かもしれません。

 

時々は、

手に入れてきた物を数えてみる。

 

誰でも、30代くらいになれば、何かしらは手にしてきたはずなんです。

手に入れたけど、手から落としたこともあるかもしれませんけど。

でも、それをひとつひとつ、数えてみましょう!

 

あら?

結構あるじゃないですか!

 

物やお金など物質的なことはもちろんのこと、

社交辞令やお世辞のテクニック。

いわゆる世渡り術といわれる

社会的なノウハウだって、手に入れてきたものに含まれます。

それに同じことを続けること、会社に毎日通勤、出社(リモート含めて)することだって、そのひとつです。

毎日子供やペット、植物の世話をすることだってもちろんその一つです。

 

あとは、忘れることとか。

そう!人間は、良いことも悪いことも忘れることができるから、

こんなに長く生きていけるとも思っています。

起きた事を全部しっかり覚えてたら生きてけないですよね。

嫌なことも時間の経過と共に忘れる。

それも何らか経験しないと手に入らない「技」の一つなのです。

 

ただ、圧倒的に多いのが、

手に入れることができなかったものを数え続けている方々とか、ずっとそれを忘れない方々です。

これは辛い!!

幸せを感じられないと思うのです。

 

幸せって、何だろう。

 

人それぞれの定義があると思いますが、

自分が幸せと感じること。

幸せを感じる力。

 

そのためには、まず、

自分自身を「肯定する力」が必要です。

 

自分を自分で好きになる。

自分は幸せになる、

なって良いのだと自分を認められるかどうか。

 

占いでも

誰でも、人は幸せになるための「もの」を「必ず」持って生まれてきています。

だから、幸せになれるのです。誰でも!

これについては私のブログ記事「福がある人」を読んでみてくださいね。

 

自分を絶対にあきらめない。

自分を肯定する。

 

そして、

今までに、手に入れてきたものを数えてみましょう!

(絶対に何かは手に入れているからね!じっくり数えてみてくださいね★)

 

orisakimayuko.hatenablog.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

欽天四化(きんてんしか)って何ですか?

f:id:orisakimayuko:20210504142913j:plainf:id:orisakimayuko:20210504142808p:plain


こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

不況になると占いが流行る

 

昔から言われていますね。

 

今、紫微斗数(しびとすう)が当たると評判になっています。

私も、オンラインや電話鑑定も含めると、

日本全国、日本各地からご予約を頂戴しており、

おかげさまで、忙しくしております。

 

しかし!

厳密に言えば、紫微斗数の中でも、

欽天四化(きんてんしか)の的中率が高いと評判なのです。

 

欽天四化とは、紫微斗数という占いの流派の一つです。

 

同じ紫微斗数といえど、使用する星の数や性質、星の性別などは、流派によって異なるため、見方によっては全く別の占いと思えるほどの違いがあるのです。

 

欽天四化は、

1949年に少林寺の袁阿祥という先生が、台湾に来て広めたとされ、その歴史はそれほど古くありません。

しかし今現在でも、本場台湾でも使いこなせる先生は少なく、その習得は高等数学のように容易ではなく、大学院並みに難しいとも言われています。

 

欽天四化の特徴をあげるとすれば、前世未了の因縁がわかる点だと思います。

輪廻転生という仏教の考え方がありますが、

魂は何度となく生まれ変わり、

人は皆、何らかの人生の課題を持って生まれてくると言われています。

その課題が何なのかを、欽天四化は教えてくれます。

 

因果応報という言葉があるように、物事にはどんなに小さなことでも原因があって

初めて結果が生まれます。

この考え方からすれば、この人生の課題も、前世において何らかの形で

自分自身がその原因を作ってしまったということになるでしょう。

さらにまた、今現在の生活においても知らないうちに何かしらの因縁を

日々増産している方もいらっしゃるかもしれません。

 

私は、自分の人生の課題を知ることで、陥りやすい人生の傾向を

知ることができると考えています。

因果応報の観点からすれば、これを全く無しにすることは残念ながら

難しいかもしれません。

しかし、それが何なのかを知ることで、これ以上の災いや悩みを避けることは

可能だと考えています。

 

人生は必然と偶然が半分でできている

 

私はこのように考え、以前から常々お客様にお伝えしています。

 

必然は、占いなどでわかる人生の傾向です。

偶然は、自分の選択で変えていける未来です。

 

そして、人生で良い選択をするには、先ずは自分の必然を知ることが必要なのです。

それを知ることで、初めてより良い選択が可能になると言ってもいいと思います。

恋愛、結婚、再婚、適職、財運、健康などなど、

多岐にわたる事象の必然を知る事で、最善の選択ができると考えています。

 

未来は変えていける

 

そのためには、先ずはご自分を知ることが必要です。

なぜなら人生は、ある意味で選択の連続だからです。

選択を間違えないためにも、まずはご自分を知ることが大切なのです。

自分を知り、正しい選択をした時点で、すでに開運の第一歩が始まったともいえるでしょう。

  

よく、

貧しい者は、占いに依存し、

向上心のない者は、占いをバカにする

そして、本当の意味で富める人いわゆる成功者は、占いを利用する

とも言われています。

 

これが言葉通りなのかはケースバイケースだと思いますが、

実際、私のお客様の多くは、

私の占いを利用し、あたかも答え合わせをされるかのように、

定期的に通ってきてくださいます。

すでに成功されている方、

そして、これからも確実に成功され幸せになっていくだろう方々ばかりです。

 

古来より、高度な占い(運勢学や命理学)は、帝王のみが使用することが許され、

門外不出とされてきました。

一般庶民は知ることさえできなかったもの、それが高度な占いなのです。

 

一口に、占いといっても色々なものがありますが、

時間をかけて習得した知識と元々の資質や直観力を用いて占い師が占う高度な占いは、

人生全体やカルマや因縁などもつまびらかにし、その先の指針も指し示してきます。

それを知ることで得られるメリットは、

もはやプライスレスと言える程の価値があると言って良いと思います。

 

自分を知り、最善の選択をする。

そしてそれを上手く生かすことができれば、

値段など付けることが出来ないほどの幸運をもたらすからです。

  

「自分を知る」という問いかけに対して、

欽天四化は、今現在最も明解な答えを与えてくれるツールの一つと言ってよいと思います。

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★

 

漢字から占うコロナ時代

f:id:orisakimayuko:20210415083519j:plain


こんにちは。占い師の織崎真弓子です。

今日もお越しいただき、ありがとうございます

 

コロナとの闘いが2年目に入り、第三ラウンドも目前の様相です。

 

思い起こせば、昨年は1日の感染者数が東京で80人台で最初の緊急事態宣言でした。

今から思うと、ちょろい!っていうかOKではないですかー!

この数字は、安心の数字でした。知らないからあの時は焦りましたが…。

 

コロナ慣れも指摘されていますが、

1年もやってて慣れない方が変なわけで…。

でも、感染者数も桁が変わっていることを、やはり再確認しないといけません。

多いってば。やっぱりすごく。(笑)

 

そして案の定の変異型です。

これからもどんどん新しい変異型が次々と出てくると思います。

 

変異型は、その詳細がよくわからない不気味さがあります。

もはやどの世代でも、罹っても重症化しないとは言い切れない。

そんなことになりつつあるのかもしれないなと感じています。

そして、これこそが、「ウィズコロナ」なんでしょうね。

 

鑑定でも、

コロナは一体いつ終わるのですか。

などどいったお声も多く、

期待してきて落とされて…。

その繰り返しによる我慢やストレス、閉そく感が長期化して、

先の見えない不安感に歯止めがかかりません。

 

そんな中、

せっかくなので、

十二支や漢字を使って、時代を占ってみたいと思います。

漢字を使った十二支からだけでも、実に色々なことが浮かび上がってきているのです。

十二支は、動物ですが、

文字そのものの意味も合わせ持っています。

 

先ずは昨年から。

2020年は子(ねずみ)年でした。

ねずみはたくさんの子供を産むからなのか、子(ねずみ)という文字は、

子供も表していますね。このことから、新しいことや開始、スタートなどを表します。

同時に、完了の了の字にも見えますよね。

「ね★うし★とら★うー」と覚えたように、ここから十二支も始まりますので、

前の時代が終わり、新しい時代の始まりを表します。

たしかに、2020年は変化の年でした。はい。

以前からの時代が終わり、新しい時代が始まったことは、

このブログでも何度もお伝えしている通りです。

すでに実感されている方も多いのではないでしょうか。

 

そして、

2021年。今年は丑(うし)年です。

丑の字は、何だか紐のようにも見えますよね。

紐はもつれる。まとまらない。こんがらがる。

何だか、混とんとした風景が浮かんできています。

紐で縛られて身動きが取れないような、そんな一年といってもいいかもしれません。

すでに、オリンピックに関わる迷走やコロナ対応などでも、

皆様も実感されているのではないでしょうか。

オリンピックが、「コロナに打ち勝った象徴としての祭典」

という位置づけについては、「時期尚早の極み」と言ってよいと思います。

 

そして地震です。

丑は陰陽五行でいえば、土。

地底の中でも、エネルギーやら色々なものが、

もつれてこんがらがっているのかもしれません。地震にも注意が必要です。

 

2022年、来年は寅年です。

来年こそはと期待感も大きいと思います。

寅とは、春、万物のスタートを表します。

種が地中で割れたことで、やっと何かが動き出すような

そんな兆しを感じる時です。

確実に良い方向へと進んではいきますが、未だちょっと弱い。

進展は確実に感じるけれど…。

完成と言うには未だ早い!あともう少し!

といった感じかもしれません。

うーん、何とかできないのかなとは感じていますが。

 

そして、2023年、卯年。

ここで、初めて春真っ盛り!進展の気配です。

地中から成長した芽が出てくるイメージです。いいですね!

でもこの卯の字。

よく見ると、真ん中に縦線をひくと真っ二つに分かれます。

何となく、世界は分断、以前とは違って色々なことが二つに分かれていくようにも感じられます。

この先に広がる景色は、二つとか別れるとかがキーワードとなり、

以前とは変わっていくように思います。

 

十二支は、

天地人」(占いではこの天地人をよく使います)でいうところの地の気を表します。

地とは、環境や影響力を表します。

 

これに人の力が加われば、何等かのプラスや変化があると思います。

しかし、環境の作り出す大きな力がこのような推移にあるとすれば、

やはり、何かが動いて確実に変わっていくには、

最低でも3年はかかるのではと思っています。

 

本当の意味で、

安心して、暮らせるようになるには、

長期戦であることには変わりはなさそうです。

 

今日は、

十二支と漢字を使った織崎真弓子の

簡単な時代の見方をお話しました。

他にも色々な見方はありますが、

十二支と漢字は、わかりやすいのでお伝えしてみました。

 

本格的な新しい始まりは必ず訪れます。

今はその時のために準備をする時です。

 

だから、焦らずに!焦るとストレスたまりますー!

先ずはコロナに感染しないように注意して。

逃げ切りましょう!(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★★

東京・自由が丘レムニスティで、紫微斗数欽天四化の鑑定および米粒占い、占い教室【織崎塾】(オンライン授業も対応)を行っています。

鑑定メニューは、対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定(Skype、zoom、LINEビデオ通話)の中からお選びいただけます。お好きな鑑定スタイルをお選びください。

詳細はHPをご覧ください

👇

https://orisakimayuko.com

★ ★ ★ ★ ★ ★★